PAGE TOP
カーラッピング専門メディア│UNUBORE » 【プロが解説】カーラッピングQ&A » カーラッピングを行うおすすめのタイミングは?

カーラッピングを行うおすすめのタイミングは?

このサイトは 「CABANA」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

愛車を自分好みのデザインに変える方法として、塗装とは別で人気を集めているカーラッピング。ここでは、カーラッピングを行うおすすめのタイミングについてご紹介しています。

 おすすめできないタイミングとおすすめのタイミング

車のデザインにこだわりのある多くの方におすすめしたいカーラッピングですが、実際にカーラッピングを行うならば、適切なタイミングを見計らうことが大事です。カーラッピングをおすすめしないタイミング、おすすめのタイミングを見てみましょう。

ボディの塗装が古い車はおすすめしない

ボディの塗装が古くなったタイミングでは、カーラッピングをおすすめしません。

カーラッピングはボディにフィルムを貼り付ける方法で行われますが、塗装の古いボディにフィルムを貼り付けた場合、貼るときには問題ないものの、剥がすときにボディの塗装も一緒に剥がれてしまう可能性があります。もともとの古い塗装も大切にしたい方は、カーラッピングをやらないほうが無難でしょう。

しかし、フィルムと一緒に塗装も剥がれて良いという方、フィルムを剥がす予定がないという方は、カーラッピングを検討していきましょう。

新車・乗り換えのタイミングがおすすめ

新車を購入するときなど、車を新たに乗り換えるタイミングは、カーラッピングに適しているタイミングと言えます。カーラッピングがボディの劣化を防いでくれるからです。

車に長く乗り続けていると、ドライバー自身は気づかないかもしれませんが、小さな飛び石等でボディに多くの小さな傷が蓄積していきます。また、車は屋外で使用するものである以上、紫外線の影響による塗装の劣化も避けられません。

カーラッピングは、まさにこれらの劣化を防ぐための有効な手段。乗り換え時の美しい塗装を長く維持していきたい方は、乗り換えのタイミングですぐにカーラッピングを施しておくと良いでしょう。

まとめ

カーラッピングをおすすめしないタイミング、おすすめのタイミングをご紹介しました。

カーラッピングには、車をおしゃれにデザインするという役割のほかにも、ボディの劣化を防ぐという役割があります。お好みのデザインで車を包みながら、良好なボディを長く維持していきましょう。

【監修者】
ラッピングマイスター
⽵中聖⼈氏のラッピング技術
sponsored by CABANA

CABANAに所属するラッピング歴10年以上の匠。長年の経験により2人で行うのが一般的なラッピングを、一人で行う技術を習得。通常では行わない車のパーツの取り外しも自身で行えるため、無駄な日数と費用を発生させず、かつ高品質のラッピングを可能とする。高精度のカッティング技術は同業他社からも認められ、現在は現役で活動しながらも後進の教育も行う。2021年に行われた「全日本カーラッピング選手権2021」で並み居る猛者の中から準優勝の栄誉を勝ち取る。

CABANAラッピング最新事情を
⽵中聖⼈氏が動画解説

イメージ
ラッピングマイスター ⽵中 聖⼈
・ワールドラップマスタージャパン2019年で準優勝
・第一回日本カーラッピング選手権2021準優勝*1
・HEXIS GOLD CERTIFICATION*2
・3M 4スター CERTIFICATION*3
・AVERY DENNINSON認定トレーナー
*1参照元:一般社団法人 日本カーラッピング協会Facebook
(https://www.facebook.com/JAPANCARWRAPPINGASSOCIATION/photos/a.939972902819389/2169599376523396/)
sponsored by CABANA

CABANAは主に高級車へのラッピングをメインに扱い、ラッピングマイスター竹中聖人氏を筆頭に、オーナーの想いを汲みながらも、よりカッコよく、よりお洒落な仕上がりになるような提案と施工を行っているラッピング会社。

イメージ