PAGE TOP

Alfa Romeo

アルファロメオ ステルヴィオへのラッピングの施工事例を掲載。CABANA所属の施工者ラッピングマイスター"竹中聖人"氏のこだわりポイントも同時に掲載しています。

Alfa Romeoラッピング

使用したフィルム:サテンブラック

BEFORE

アルファロメオカーラッピング施工前

元は艶有のレッド。

AFTER

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

半艶のブラックでまるで別の車のような仕上がりに。
ラッピングマイスター竹中聖人のこだわり
竹中聖人
マットにあえてツヤ有りをプラスしてメリハリを

サテンマットブラック(半艶)がベースだが、各所にグロス(艶有)ブラックを使い、カラーのメリハリをつけました。 ドアを開けた内側には、ベースとの継ぎ目にサテンマットブラックを入れることで、角度によっては見えがちなベースカラーを目立たせないようにし、高級感を上げながら耐久性もアップさせています。カーラッピングは全体的なバランスが重要なので、総合的に見て提案をしています。

施工のポイント解説

ドアノブやミラー等のパーツは自社で取り外し可能

ラッピングを美しく仕上げるために、パーツの取り外しは必須です。CABANAでは自社でパーツの取り外しが可能なため、施工期間の短縮ともに費用も抑えることが可能とのこと。

アルファロメオカーラッピング施工中。サテンブラック

デザインが単調にならない提案

すべてをサテンブラックにするのではなく、ルーフ、ドアノブ、ミラー等にグロスを入れてメリハリをつけ、飽きのこない仕上がりにしています。

ルーフ

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

ドアノブ

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

ミラー

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

半艶と艶有を織り交ぜることデザイン性が向上。

ラッピングの継ぎ目への施工

施工会社にもよりますが、カーラッピングは基本的に外側のみ施工をし、内側への施工はしません。しかし施工前と施工後の色がまったく違う場合、継ぎ目が目立ってしまいます。継ぎ目部分を目立たせないようにラッピングすることで、高級感を失わせず、なおかつラッピングの耐久性を上げる工夫をしています。

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

アルファロメオカーラッピング施工後。サテンブラック

カッティング技術がないとこのようにまっすぐには切れない。
CABANAのキャプチャ
取材協力:CABANA

本施工はラッピング会社"CABANA"によるものです。『CABANA(カバナ)』は、カーライフを楽しむ方のために、日々の生活に彩りを与えるブランド。お客様の趣味嗜好に合わせ、愛車をより特別なものへと生まれ変わらせます。デザイン性・フィッティング性・機能性などあらゆる面において世界トップレベルの品質を求め続け、お客様のカーライフがより良いものになるようにサービス向上に努めている企業です。

CABANAへの
ラッピング依頼はこちら

その他車種のカーラッピング事例集
ラッピングマイスター
⽵中聖⼈氏のラッピング技術

CABANAに所属するラッピング歴10年以上の匠。長年の経験により2人で行うのが一般的なラッピングを、一人で行う技術を習得。通常では行わない車のパーツの取り外しも自身で行えるため、無駄な日数と費用を発生させず、かつ高品質のラッピングを可能とする。高精度のカッティング技術は同業他社からも認められ、現在は現役で活動しながらも後進の教育も行う。2021年に行われた「全日本カーラッピング選手権2021」で並み居る猛者の中から準優勝の栄誉を勝ち取る。

イメージ
ラッピングマイスター ⽵中 聖⼈
・ワールドラップマスタージャパン2019年で準優勝
・第一回日本カーラッピング選手権2021準優勝*1
・HEXIS GOLD CERTIFICATION*2
・3M 4スター CERTIFICATION*3
・AVERY DENNINSON認定トレーナー
*1参照元:一般社団法人 日本カーラッピング協会Facebook
(https://www.facebook.com/JAPANCARWRAPPINGASSOCIATION/photos/a.939972902819389/2169599376523396/)
取材協⼒ CABANA

CABANAは主に高級車へのラッピングをメインに扱い、ラッピングマイスター竹中聖人氏を筆頭に、オーナーの想いを汲みながらも、よりカッコよく、よりお洒落な仕上がりになるような提案と施工を行っているラッピング会社。

イメージ