PAGE TOP

BMW

BMWへのラッピングの施工事例を掲載。施工者であるCABANA所属のラッピングマイスター"竹中聖人"氏のこだわりポイントも同時に掲載しています。

BMW Z4ラッピング

使用したフィルム:マットメタリックガンメタ

BEFORE

BMW

AFTER

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

艶なしのメタリックになることでより重厚感が増したように見える。
ラッピングマイスター竹中聖人のこだわり
竹中聖人
ヘアラインの流れと方向性を大事に

単色にならないようにポイントとしてウィンカーガーネッシュ・ミラー・サイドステップ・ロールバーカバーなど要所要所にツヤ有カーボンを使用し高級感を演出した。一色にしてしまうとのっぺりとしてしまうので、このような提案をさせていただくこともあります。

施工のポイント解説

カーボンラッピングで全体的なバランスを保つ

アクセントとしてカーボンフィルムを使用。色を単調にせずよりよい提案をしてもらえるのもラッピングのプロに依頼するメリットの一つ。

BEFORE

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

AFTER

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

BEFORE

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

AFTER

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

AFTER

BMWへのカーラッピング。マットメタリックガンメタ

光沢のあるカーボンが入ることで、よりマットの質感が際立っている。
CABANAのキャプチャ
取材協力:CABANA

本施工はラッピング会社"CABANA"によるものです。『CABANA(カバナ)』は、カーライフを楽しむ方のために、日々の生活に彩りを与えるブランド。お客様の趣味嗜好に合わせ、愛車をより特別なものへと生まれ変わらせます。デザイン性・フィッティング性・機能性などあらゆる面において世界トップレベルの品質を求め続け、お客様のカーライフがより良いものになるようにサービス向上に努めている企業です。

CABANAへの
ラッピング依頼はこちら

その他車種のカーラッピング事例集
ラッピングマイスター
⽵中聖⼈氏のラッピング技術

CABANAに所属するラッピング歴10年以上の匠。長年の経験により2人で行うのが一般的なラッピングを、一人で行う技術を習得。通常では行わない車のパーツの取り外しも自身で行えるため、無駄な日数と費用を発生させず、かつ高品質のラッピングを可能とする。高精度のカッティング技術は同業他社からも認められ、現在は現役で活動しながらも後進の教育も行う。2021年に行われた「全日本カーラッピング選手権2021」で並み居る猛者の中から準優勝の栄誉を勝ち取る。

イメージ
ラッピングマイスター ⽵中 聖⼈
・ワールドラップマスタージャパン2019年で準優勝
・第一回日本カーラッピング選手権2021準優勝*1
・HEXIS GOLD CERTIFICATION*2
・3M 4スター CERTIFICATION*3
・AVERY DENNINSON認定トレーナー
*1参照元:一般社団法人 日本カーラッピング協会Facebook
(https://www.facebook.com/JAPANCARWRAPPINGASSOCIATION/photos/a.939972902819389/2169599376523396/)
取材協⼒ CABANA

CABANAは主に高級車へのラッピングをメインに扱い、ラッピングマイスター竹中聖人氏を筆頭に、オーナーの想いを汲みながらも、よりカッコよく、よりお洒落な仕上がりになるような提案と施工を行っているラッピング会社。

イメージ